<< <事業仕分け>第2弾に新人議員も参加(毎日新聞) | main | 奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【視点】「なぜ犯人」解明されぬまま(産経新聞)

 菅家利和さんに無罪が言い渡された。しかし、菅家さんの求めていた“真実”は、解明されたのだろうか。

 「有罪判決の誤りを確認するために、必要な証拠を調べることは再審の枠内」との佐藤正信裁判長の指揮で、有罪の決め手となったDNA型鑑定と自白をめぐり、証人尋問が行われるなど、公判では、ある程度の実質的な審理が行われた。

 判決では、当時のDNA型鑑定の信用性を否定したうえ、自白も「虚偽」と認め、信用性を否定した。「菅家さんが犯人でない」ことは明白になった。また、再審のもう一つの重要な目的である「早期の名誉回復」も果たしたといえる。

 しかし、限られた時間の中、当時、菅家さんを取り調べた警察官やDNA型鑑定を行った技官、裁判官らの証人尋問は断念され、判決でも「虚偽の自白」を見抜けなかった構造に言及することはなかった。逮捕・起訴から刑が確定する中で「なぜ菅家さんが犯人とされたのか」という疑問は解消されないままだ。

 冤罪(えんざい)を防ぐには、足利事件の真相解明は避けて通れない。冤罪の経緯を精査し、公表する第三者機関の新設など法改正も必要だろう。真相解明を徹底して希求し続けることこそ、足利事件の残した教訓ではないだろうか。(是永桂一)

「愛犬のあだ討ち」酌量の余地ない…小泉被告、死刑判決受け傍聴席にらみ退廷(産経新聞)
<京都知事選>告示 新人、現職の2氏が立候補(毎日新聞)
「消費者、患者の観点で規制見直しを」−行政刷新会議分科会が初会合(医療介護CBニュース)
時効を問い直した足利事件 廃止の流れ進む(産経新聞)
<多摩ニュータウン>一括建て替え決定 高層マンションに(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.12 Saturday
  • -
  • 02:13
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
ブラック キャッシング OK
ヴィクトリアマイル
クレジットカード現金化
債務整理無料相談
クレジットカード現金化
副業
宝塚記念
selected entries
archives
recent comment
  • 肩まで黒髪女、85歳女性襲い4500円奪う(読売新聞)
    カナ (08/26)
  • 肩まで黒髪女、85歳女性襲い4500円奪う(読売新聞)
    紳士28号 (06/03)
  • 肩まで黒髪女、85歳女性襲い4500円奪う(読売新聞)
    リア充 (05/14)
  • 肩まで黒髪女、85歳女性襲い4500円奪う(読売新聞)
    ぱんてい (05/05)
  • 肩まで黒髪女、85歳女性襲い4500円奪う(読売新聞)
    カドルト (01/10)
  • 肩まで黒髪女、85歳女性襲い4500円奪う(読売新聞)
    オリンキー (01/02)
  • 肩まで黒髪女、85歳女性襲い4500円奪う(読売新聞)
    タンやオ (12/28)
  • 肩まで黒髪女、85歳女性襲い4500円奪う(読売新聞)
    ナーマソフト (12/23)
  • 肩まで黒髪女、85歳女性襲い4500円奪う(読売新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • 肩まで黒髪女、85歳女性襲い4500円奪う(読売新聞)
    ゴンボ (12/16)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM